損害防止

損害防止事業は損害を未然に防ぎ、コストの軽減と生産性の向上のために行います。

農産物リスク管理事業

農作物、畑作物、果樹、施設園芸の損害の未然防止、集落単位の高性能防除機の共同利用等による低コスト省力化農業の確立と集団加入による農業経営の安定をめざす事業です。

1.農産物損害防止体制強化事業

防除機(大型・中型防除機・無人ヘリ)の購入補助、無人ヘリオペレータの育成、農薬の購入補助、獣害対策(防護柵・ネット)の購入補助を行い、防除協議会や共同防除組織等の育成強化を図り、関係機関と連携して防除事業を実施する事業です。

2.施設園芸経営安定地域対策事業

施設園芸農家の栽培技術格差をなくし、施設内農作物の病害虫による被害を少なくするために土壌診断やハウスの定期巡回指導を行います。

3.NOSAI情報の伝達

病害虫発生予察情報、生育診断情報を伝達します。

損害防止情報

※新しい情報は、新着情報にて随時紹介していきます。

家畜リスクマネジメント事業

家畜リスクマネジメント事業は、病気の発生を防ぐために必要な検査・処置や総合的(飼養管理・衛生対策)なアドバイスを行うため、NOSAI家畜診療所とNOSAI連リスク管理指導センターが中心となって実施しています。

1.一般損害防止事業

リスクマネジメントの基礎とも言える事業で、特に削蹄・ワクチン接種等に力を入れています。他のリスクマネジメント事業と組み合わせて実施することにより全体の効果を高めています。

2.特定損害防止事業

乳牛・肉用牛を対象に、繁殖障害・乳房炎・肝蛭症などの特定の病気について検査と処置をします。

3.事故低減対策事業

高被害率農家や大規模農家の事故低減を目的に、飼養管理指導や薬剤投与・畜舎消毒等を行います。

4.肉用牛リスクマネジメント

肉用牛農家を定期的に巡回し、肥育成績(肉質・枝重)に関するデータを収集分析し、効果的な飼養管理や1年1産のための繁殖管理法をアドバイスします。

5.養豚農家コンサルティング

養豚農家を対象に飼育管理のアドバイスだけでなく、血液抗体検査・細菌検査・薬剤感受性試験などを行い、オーエスキー病などの特定疾病の侵入を防いだり、慢性疾病の効果的対策をたてる事業です。

損害防止情報

※新しい情報は、新着情報にて随時紹介していきます。

ページ先頭へ



宮崎県北部農業共済組合

宮崎県延岡市吉野町1524-2 TEL:0982-41-0200