畑作物共済

畑作物共済には大豆・茶があります

Q&A

加入

大豆

一筆方式と全相殺方式。耕作5アール以上の農家が対象です。全相殺方式では、過去5年間においておおむね全量をJA等に出荷しており、かつ今後も出荷することが確実であると見込まれる農家が加入できます。

災害収入方式。耕作5アール以上の農家が対象です。生産量の全量をJA等に出荷していることと、過去5年間の出荷数量及び生産金額に関する資料が必要です。

対象となる災害(事故)

すべての気象災害(風水害・干害・冷害など)、火災、病虫害、鳥獣害です。茶については、品質低下による生産金額(農家の手取り金額)の減少も対象になります。(肥培管理不良による減収は災害とみなされず免責されます。)

責任期間

大豆

発芽期から収穫まで

冬芽の生長停止期(12月)から一番茶の収穫まで

共済金額

大豆

1kg当たり共済金額(生産者価格)に引受収量をかけたものです

基準生産金額の8割です。

*基準生産金額とは、出荷手数料等を差し引いた平年のその農家の手取り金額で、過去5年間の実績をもとに算定します。

共済掛金

掛金の5割を国が負担します。

*共済掛金率は組合によって異なり、3年ごとに改定されます。

共済金の支払い

大豆

一筆方式

圃場一筆ごとに減収量(その圃場の基準収穫量から実収穫量を差し引いた数量)がその圃場の基準収穫量の3割を超える災害が発生したときに共済金が支払われます。

全相殺方式

JA等の出荷資料をもとに農家の減収量(農家ごとの基準収穫量から実収穫量を差し引いた数量)がその農家の基準収穫量の2割を超える災害が発生したときに共済金が支払われます。

生産額が共済限度額より減少し、かつ実収穫量が基準収穫量を下回ったときに支払います。

無事戻し金

掛金は「掛け捨て」ではありません。3か年を経過し、被害がない場合は農家負担掛金の2分の1が返ってきます。


ページ先頭へ



宮崎県北部農業共済組合

宮崎県延岡市吉野町1524-2 TEL:0982-41-0200